まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

社会の理解科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題10】労働者災害補償保険制度

投稿日:2019年7月14日 更新日:

社会の理解

問題10

労働者災害補償保険制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

選択肢

1.パートやアルバイトは、保険給付の対象である。

2.保険料は、雇用主と労働者がそれぞれ負担する。

3.通勤途上の事故は、保険給付の対象外である。

4.業務上の心理的負荷による精神障害は、保険給付の対象外である。

5.従業員がいない自営業者は、保険給付の対象である。

オリジナル解説 byまぃせ

労働者災害補償保険制度とは“労災”のことです。

1.記述のとおりなので、〇です。

日雇い労働者、それから、国籍も問わないそうなので外国人労働者も対象となります。

2.雇用主が全額負担するので、×です。

3.通勤途上の事故を「通勤災害」と呼びます。業務を原因として被った負傷、疾病または死亡といった「業務災害」だけでなく、選択肢の「通勤災害」も保険給付の対象内となるので、×です。

4.業務による心理的負荷も対象となるので、×です。

認定要件に当てはまると、対象となります。

5.雇用されている労働者が対象となるので、×です。

自営業者に対しては、「特別加入制度」という制度が設けられています。

というわけで、正答は選択肢1となります。

今回の問題では、雇用主に雇われて働く際の労災に対する知識が再確認できたり、問題を通じて新たに知ることができたのではないかと思います。

“試験の勉強”という捉え方だけだと、「イヤ」「めんどう」「勉強嫌い」といった気持ちにもなりがちですが、自分の身に置き換えて考えてみた時に“あっていい知識”だったりもします。

特に、こういった情報は「黙っていても誰かが教えてくれる」というものではない、というのが残念ながら現状ではないでしょうか。昨今の世の中は、インターネットの爆発的な普及から、「情報を自ら取る」ということが、手軽に・簡単にできます。情報を積極的に取る人は「知識が増え、活用できる」、結果「得する」といったこともあり得ます。一方で、積極的に取らないと「知らない・わからない」、結果「損した」なんていうことにもなりかねません。

今回の問題の「労災」に限らず、制度・法といった問題に対する勉強は難しいかもしれませんが、「自身の生活や仕事、人生においても活用できる知識である」ということを意識してみることで、勉強に対して前向きになれるかもしれません。

“試験の勉強”というきっかけによって、自ずと身につく知識もある、ということです。

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

※第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

-社会の理解科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題53】清潔な調理環境を保つためには?

生活支援技術 問題53 調理環境を清潔に保つための方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.布巾を使った後は、流水で洗う。 2.食器を洗ったスポンジは、軽く絞って洗剤の泡を残す。 3. …

【問題47】足浴

生活支援技術 問題47 ベッド上で足浴を実施するときの基本的な手順や方法として、適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.ベッドの足元をギャッジアップする。 2.お湯の温度の確認は、利用者、介護福祉職 …

【問題36】防火を意識した調理支援

生活支援技術 問題36 Aさん(38歳)は共同生活援助(グループホーム)に入居している。 料理が得意で、普段はエプロンを身に着けて揚げ物料理をガスコンロで作っている。 防火を意識した調理支援に関する次 …

【問題75】高齢者の便秘の特徴とは?

発達と老化の理解 介護福祉職は、心身機能が低下している高齢者にとっての便秘とその対応を理解する必要があります。 問題75 高齢者の便秘に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1. …

【問題35】障害に関するマーク

生活支援技術 問題35 下記のマークが表しているものとして、正しいものを1つ選びなさい。 試験問題より引用 選択肢 1.肢体不自由のある人が運転する自動車 2.障害者が利用できる建物、施設 3.義肢や …