まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

人間の尊厳と自立科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題2】フランクル

投稿日:2019年1月29日 更新日:

人間の尊厳と自立

問題2

『夜と霧』や『死と愛』の著作があるフランクルが提唱した価値の説明として、適切なものを1つ選びなさい。

選択肢

1.公民権運動により差別を解消すること。

2.生命が制限される状況において、いかなる態度をとるかとういうこと。

3.最低生活水準を保障すること。

4.ライフサイクルを通じたノーマルな発達的経験をすること。

5.アパルトヘイト(人権隔離政策)を撤廃すること。

オリジナル解説  byまぃせ

1.公民権運動は、1950年代後半より、アメリカの黒人が憲法で認められた個人の権利の保障を訴えた運動で、関わった著名人にはキング牧師なので×です。

2.フランクルの「死と愛」という著作において含まれている内容なので、〇です。

3.“最低生活保障の原理”という日本国憲法第25条「生存権」の理念に基づいた、生活保護の考え方になるので、×です。

4.スウェーデンのニィリエがまとめた“ノーマライゼーションの8つの原理”の中のひとつなので、×です。

5.アパルトヘイトは南アフリカで行われていた人種隔離政策で、この撤廃に関わった著名人はネルソン・マンデラなので、×です。

というわけで、正答は選択肢2となります。

こういった著作に関する問題は、過去にも出題されています。しかし、1度出題されると同じ著作が問われることはあまりみられないので、対策がしづらいのが実際です
今回の問題では、世界における人権問題について知っていれば消去法で解答ができた可能性も考えらます。
第32回試験以降も出題の可能性はありますが、悩みすぎたり、考えすぎてたりしてここで多くの時間を割くわけにはいきません。1点でも多く得点を重ねたい一方で、この科目自体は介護の基本科目と併せて1科目群カウントであるという特性を理解し、先の問題に進んでいくことも視野に入れましょう。

人間の尊厳と自立科目からの出題は、計2問でした。

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

※第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

-人間の尊厳と自立科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題51】腹圧性尿失禁の利用者への対応

生活支援技術 加齢や疾病などによる機能低下により、様々な排泄障害を引き起こします。排泄障害があっても、介護福祉職は介護の基本原則を踏まえながら、利用者の快適な排泄を支えることができるようにしていかなけ …

【問題68】短文事例問題の攻略法の裏技とは?

介護過程 カンファレンスに関する出題では、「介護福祉職として」という専門範囲内での選択がポイントです! 問題68 Kさん(82歳、女性)は、身寄りがなく自宅で一人暮らしをしている。週1回利用している通 …

【問題29】共感的応答

コミュニケーション技術 問題29 Hさん(75歳,男性)は、脳梗塞を発症して入院し、後遺症として左片麻痺が残った。退院後、介護老人保健施設に入所し、在宅復帰を目指してリハビリテーションに取り組んでいる …

【問題75】高齢者の便秘の特徴とは?

発達と老化の理解 介護福祉職は、心身機能が低下している高齢者にとっての便秘とその対応を理解する必要があります。 問題75 高齢者の便秘に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1. …

第32回介護福祉士国家試験スピード解説集①

問題1〜4までの解答予想とオリジナル解説です。 科目:人間の尊厳と自立 出題数 2問(1問1点 計2点) ※介護の基本科目と合わせて1科目群 問題1  Aさん(79歳,女性,要介護3)は,訪問介護(ホ …