まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

介護の基本科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題20 】ICF(国際生活機能分類)

投稿日:2019年7月15日 更新日:

介護の基本

問題20

Gさん(68歳、女性、要介護2)は、小学校の教員として定年まで働いた。Gさんは、3年前にアルツハイマー型認知症と診断された。夫は既に亡くなっており、長男(30歳)と一緒に暮らしている。週に2回通所介護(デイサービス)に通い、レクリエーションでは歌の伴奏をよくしている。その他の日は、近所の人や民生委員、小学校の教え子たちがGさん宅を訪問し、話し相手になっている。
最近、Gさんは食事をとることを忘れていたり、トイレの場所がわからず失敗したりすることが多くなった。

介護福祉職が、Gさんの現状をアセスメントした内容と、ICF(国際生活機能分類)の構成要素の組合せとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

選択肢

1.アルツハイマー型認知症は、「心身機能・身体構造」にあたる。

2.レクリエーションで歌を伴奏することは、「参加」にあたる。

3.近所の人や民生委員、小学校の教え子は、「個人因子」にあたる。

4.小学校の教員をしていたことは、「環境因子」にあたる。

5.トイレの場所がわからなくなることは、「健康状態」にあたる。

オリジナル解説 byまぃせ

まず、ICF(国際生活機能分類)について確認します。

文部科学省ホームページ ICFとはより引用

この図の中の、「健康状態」「心身機能・身体構造」「活動」「参加」「環境因子」「個人因子」が構成要素と呼ばれるもので、「環境因子」と「個人因子」を併せて「背景因子」と呼びます。また、「心身機能・身体構造」「活動」「参加」を「生活機能」という包括概念で捉えます。

では、各選択肢を見ていきます。

1.アルツハイマー型認知症は「アルツハイマー病」とも言われます。
進行性の脳疾患により認知症の症状が現れる、ということです。
よって、これは「健康状態」にあたるので、×です。

2.レクリエーション=余暇活動に、歌の伴奏をする=参加する、ということで、〇です。

3.本人と関係性のある人=人的因子は「環境因子」にあたるので、×です。

4.この方(本人)ってどんな人=小学校の教員をしていた人
この構成要素の内容でこの方がどんな人かがわかる。
これは「個人因子」ですので、×です。

5.これは見当識障害といえます。認知機能の低下によって起こります。
認知機能の低下=心身機能の低下、ということで「心身機能」にあたります。よって、×です。

というわけで、正答は選択肢2となります。

ICF(国際生活機能分類)の構成要素がそれぞれ事例の中の何にあたるか?という組み合わせ問題は超頻出ですし、そもそもICFは試験に必ず1~2問毎年出題されています。受験対策のポイントとして必ずおさえ、確実に得点につなげましょう。

事例問題の解き方として、「事例を読んでから問題にトライする」という一般的な方法だけでなく、「まず問題にトライして、選択肢の内容がわかりづらければ事例に戻る」という方法で解答できる問題もあります。

事例を読むだけで、脳は消耗します。
国家試験は長時間に渡りますから、無駄な消耗を防ぎ、効率良く進めていくことも大切です。

どのような方法をとるかは自分自身の特性によりますので、過去問を解くときにいろいろ試してみると良いのではないでしょうか。
自分に合った受験対策方法を見つけることも、合格への近道となります。

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

※第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

-介護の基本科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題8】育児・介護休業法

社会の理解 問題8 「育児・介護休業法」に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.契約社員は、育児休業を取得できない。 2.介護休業は、対象家族一人につき連続して取得しなければ …

【問題62】情報収集の留意点とは?

介護過程 情報を収集する際には、情報源となる人たちを適切に判断していくことで、有益な情報を得られることにもつながっていきます。 問題62 利用者の情報収集における留意点として、最も適切なものを1つ選び …

【問題73】要望が叶わなかった利用者の心の行く末は?

発達と老化の理解 利用者からのご要望は丁寧に受け止めたいものです。キャッチ&リリースではなくキャッチしたら“ToDo”に反映させていきたいものですね。 問題73 Aさん(95歳、女性、要介護3)は、介 …

【問題38】身支度・整容の支援と使用する道具

生活支援技術科目 問題38 介護福祉職が行う身じたく・整容の支援と使用する道具の組合せとして、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.ベッド上での口腔ケア ――――― ガーグルベースン 2.浴室 …

【問題54】防虫剤の種類

生活支援技術 問題54 Dさん(84歳、女性、要介護3)は認知症があり、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用している。ある日、Dさんが、訪問介護員(ホームヘルパー)と一緒に衣装ケースを開けたところ、 …