まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

介護の基本科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題21】定期巡回・随時対応型訪問介護看護

投稿日:2019年3月25日 更新日:

介護の基本

問題21

定期巡回・随時対応型訪問介護看護に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

選択肢

1.このサービスのオペレーターは、サービス提供責任者のことである。

2.利用者の状態の変化に応じて、随時訪問サービスを利用することができる。

3.介護・看護一体型では、訪問看護サービスを利用しても介護報酬は同一である。

4.日常生活上の緊急時の対応は行っていない。

5.要支援者、要介護者のどちらも利用できる。

オリジナル解説  byまぃせ

1.利用者のコールを受ける人を「オペレーター」といいます。
オペレーターには、看護師、介護福祉士等の資格要件があります。
その資格要件の中に、サービス提供責任者としての経歴がある者も含まれています。
選択肢は「サービス提供責任者のこと」と指定していますが、資格要件の範囲のことですから適切な表現ではありません。よって×です。

2.記述のとおりなので、〇です。

3.一体型においては、訪問看護サービスが提供できる看護師がいても、訪問看護サービスを利用しない場合もあります。
選択肢の文を敢えて補足し、「訪問看護サービスを利用してもしなくても介護報酬は同一である」と解釈するとわかりやすいかもしれませんね。
訪問看護サービスを利用すると介護報酬は上がりますから、同一ではありませんので×です。
※訪問看護サービス…看護師による療養上の世話や診療補助

4.日常生活上の緊急時の対応も行っているので、×です。

5.対象者は要介護1以上の認定を受けている方となりますので、×です。

というわけで、解答は選択肢2となります。

介護サービスに関する問題では、自身が勤務していないと全くイメージが湧かないことがあります。特に、今回のような居宅サービス系は複雑です。
受験対策においては、馴染みがないサービスを優先的に学習していくことから始めてみましょう。

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

※第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

-介護の基本科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題20 】ICF(国際生活機能分類)

介護の基本 問題20 Gさん(68歳、女性、要介護2)は、小学校の教員として定年まで働いた。Gさんは、3年前にアルツハイマー型認知症と診断された。夫は既に亡くなっており、長男(30歳)と一緒に暮らして …

【問題64】介護計画を実施する上での留意点とは?

介護過程 書類(計画書)と介護実践は切り離されることがないように… 問題64 介護計画を実施するときの留意点として、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.介護計画の遂行自体を目的にする。 2. …

【問題31】ボディタッチ

コミュニケーション技術 問題30・31の事例 Kさん(75歳、女性)は、小学校教諭を定年退職した後、しばらく趣味やボランティア活動を楽しんでいたが、認知症を発症し、介護老人福祉施設に入所した。見当識障 …

【問題22】防災

介護の基本 問題22 防災に関する次の図記号が意味している内容として、正しいものを1つ選びなさい。 第31回介護福祉士国家試験 試験問題より引用 選択肢 1.避難所 2.避難場所 3.土石流注意 4. …

【問題8】育児・介護休業法

社会の理解 問題8 「育児・介護休業法」に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.契約社員は、育児休業を取得できない。 2.介護休業は、対象家族一人につき連続して取得しなければ …