まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

人間関係とコミュニケーション科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題3】コミュニケーションにおける意図的な対応

投稿日:2019年7月14日 更新日:

人間関係とコミュニケーション

問題3

Bさん(90歳、男性)は介護老人福祉施設に入所することになった。一人暮らしが長かったBさんは、入所当日、人と会話することに戸惑っている様子で、自分から話そうとはしなかった。介護福祉職は、Bさんとコミュニケーションをとるとき、一方的な働きかけにならないように、あいづちを打ちながらBさんの発話を引き出すように心がけた。

このときの介護福祉職の対応の意図に当てはまるものとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

選択肢

1.双方向のやり取り

2.感覚機能低下への配慮

3.生活史の尊重

4.認知機能の改善

5.互いの自己開示

オリジナル解説 byまぃせ

どの選択肢も、コミュニケーションによる効果をねらった内容といえます。

問われているのは「最も適切なもの」ですから、選択肢を事例に沿わせて見ていくことで、解答できます。

今回の事例では、介護福祉職がBさんの状態に留意しながら働きかけを行う様子が明確に描写されていました。

「一方的な働きかけにならないように」
「あいづちを打ちながらBさんの発話を引き出す」

この2点が解答の際のポイントです。

人と会話をすることに戸惑っている様子で自分から話そうとしないBさんに対して、介護福祉職からの一方通行なコミュニケーションにならないように、という配慮から選択肢1の「双方向のやり取り」というのが、この介護福祉職の対応の意図として最も適切だといえます。

というわけで、正答は選択肢1でした。

人間関係とコミュニケーション科目では、主にコミュニケーションの基礎的な内容が問われます。

日頃の利用者とのコミュニケーションを踏まえながら、コミュニケーションの基礎的な知識を再確認しながら試験勉強を進めていき、確実に得点できるようにしましょう。

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

※第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

-人間関係とコミュニケーション科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題82】軽度認知障害って、なに?

認知症の理解 軽度認知障害(MCI)をご存知ですか? 問題82 軽度認知障害(MCI:mild cognitive impairment)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択 …

【問題26】燃え尽き症候群

介護の基本 問題26 燃え尽き症候群(バーンアウト)の特徴として、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.首から肩、腕にかけて凝りや痛みが生じる。 2.人格・行動変化や失語がみられる。 3.無気 …

【問題13】障害者総合支援法

社会の理解 問題13 2016年(平成28年)の「障害者総合支援法」の改正内容として、適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.放課後や休日に児童・生徒の活動を支援する放課後等デイサービスが創設された …

【問題36】防火を意識した調理支援

生活支援技術 問題36 Aさん(38歳)は共同生活援助(グループホーム)に入居している。 料理が得意で、普段はエプロンを身に着けて揚げ物料理をガスコンロで作っている。 防火を意識した調理支援に関する次 …

【問題32】家族介護者への対応

コミュニケーション技術 問題32 Lさん(30歳、女性)は、パートタイムで仕事をしながら、自宅で母の介護をしてきた。ある日、母の訪問介護(ホームヘルプサービス)で訪れたM訪問介護員(ホームヘルパー)に …