まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

生活支援技術科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題42】安楽な体位

投稿日:2019年9月2日 更新日:

生活支援技術

問題42

Bさん(84歳、男性)は、生活全般に介護を必要としている。ベッド上に仰臥位でいるBさんは、喘息があり、咳込みが続き呼吸が苦しくなり、「楽な姿勢にしてほしい」と訴えた。

介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

選択肢

1.枕を外して、顔を横に向けて腹臥位にする。

2.枕を重ねて、頭を高くする。

3.左側臥位にして、背中にクッションを当てる。

4.半座位(ファーラー位)にする。

5.オーバーベッドテーブルの上に枕を置いて、上半身を伏せる。

オリジナル解説 byまぃせ

呼吸が苦しい時には、臥位よりも座位の方が安楽だと言われています。

その理由は、座位によって、横隔膜を下げることができるので、呼吸面積が広がるからです。

そのことを前提に各選択肢を見ていくと、選択肢4と5が座位の状態なので、このどちらかが最も適切なものとして当てはまります。

選択肢4の半座位(ファーラー位)は、ベッド上で、背を45度に起こした状態です。呼吸や嚥下がしやすいので、ベッド上で食事を摂る時などに適した姿勢と言われています。

選択肢5は、起座位という体位で、座位の状態で前傾姿勢をとることができ、呼吸を楽にすることができます。

どちらの選択肢も、呼吸を楽にすることが可能です。

問題は、「最も適切なものを選べ」となっていますから、Bさんの事例の状態を踏まえ、正答を導く必要があります。

事例からは、Bさんは、咳込みが続いて呼吸苦の状態であるということなので、後ろに寄り掛かる半座位より、前傾姿勢をとる起座位の方がより適していると捉えるとよいでしょう。

というわけで、正答は選択肢5となります。

「最も適切なものを選べ」と問われた時には、一般的に適切と思われる選択肢が残る可能性があります。

最終的には、事例の状況や状態に則した選択肢を選ぶことが「最も適切」につながっていくので、迷った時には一度事例を振り返ってみましょう。

この問題をきっかけに、各体位について確認をしておくとよいと思います。

腹臥位はうつぶせで寝ている状態、左側臥位は左横を向いて寝ている状態ですね。

このように、選択肢1の「腹臥位」、選択肢3の「左側臥位」、選択肢4の「半座位」が、それぞれどういう体位なのか、ということも知っておかなければ、正答を導きづらくなります。

また、各体位の確認をする際には、併せて、ボディメカニクスの原則に基づいた、体位変換の介助方法についても確認をしておきましょう。

-生活支援技術科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題27】逆転移

コミュニケーション技術 問題27 利用者とのコミュニケーションにおいて逆転移が起きている事例に該当するものとして、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.自分が利用者を嫌いなのに、利用者が自分を …

【問題70】エイジズムって何?

発達と老化の理解 「高齢者は●●だよね~」“高齢者”というだけでその印象をひと括りにしてしまっていませんか? 問題70 高齢者に対する次の見方のうち、エイジズムに該当するものを1つ選びなさい。 選択肢 …

【問題47】足浴

生活支援技術 問題47 ベッド上で足浴を実施するときの基本的な手順や方法として、適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.ベッドの足元をギャッジアップする。 2.お湯の温度の確認は、利用者、介護福祉職 …

【問題48】洗髪

生活支援技術 問題48 長期臥床している高齢者に、ケリーパッドを使用して行うベッド上での洗髪に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.膝を伸ばした仰臥位で行う。 2.頭皮に …

【問題38】身支度・整容の支援と使用する道具

生活支援技術科目 問題38 介護福祉職が行う身じたく・整容の支援と使用する道具の組合せとして、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.ベッド上での口腔ケア ――――― ガーグルベースン 2.浴室 …