まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

生活支援技術科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題45】片麻痺の利用者の食事介助

投稿日:

生活支援技術

問題45

いすに座っている右片麻痺の利用者の食事介助時の留意点として、最も適切なものを1つ選びなさい。

選択肢

1.口の右側に食物を入れる。

2.利用者の左腕はテーブルの上にのせたままにしておく。

3.刻み食にする。

4.上唇にスプーンを運ぶ。

5.一口ごとに、飲み込みを確認する。

オリジナル解説 by まぃせ

1.右側は麻痺側です。

患側に食物を入れてしまうと、スムーズな食事摂取になりません。

むしろ、患側には口腔内の食べ物が蓄積してしまう可能性があるので、片麻痺のある利用者への食事介助では、健側から食物を入れ、患側に食物の貯め込みがみられないかを確認する必要があります。

2.自立支援という介護の基本視点を踏まえると、健側の左腕をテーブルの上にのせたままにしておくというのは、適しているとは言えません。

3.刻み食への食事形態の変更は、咀嚼力の低下がみられた際に行うことが適しています。

片麻痺だからといって、咀嚼力そのものが低下しているとは限りませんので、食事形態の変更は適切な判断の下、対応する必要があります。

問題文には、咀嚼力に関する情報はありませんので、最も適切とは言えません。

4.上唇にスプーンを運ぶ介助が必要な状態として、口を開いていただけないということが挙げられます。

片麻痺だからといって、口を開いていただけない状態とは言えません。

問題文には、そういった状態であるという情報はありませんので、最も適切とは言えません。

5.食事介助における大切なポイントのひとつとして、選択肢の内容が挙げられます。

というわけで、正答は選択肢5となります。

いかがでしたか。

各選択肢を読んでいくと、基本的な内容である選択肢5が妥当と判断はできます。

しかしながら、「試験」という場において、今と同様の判断力をキープできるかどうか、ということを、今一度ご自身に問いかけてみてもよいと思います。

こういった問題でケアレスミスを起こさず、確実な1点を得られるよう、繰り返し問題を解くなど実践的な対策を行い、文章を読み解くことに慣れるとよいでしょう。

また、その他の食事介助の留意点について、確認をしておきましょう。

併せて、「こころとからだのしくみ」の科目で、食事に関連した内容をおさえておくと、より理解も深まると思います。

「あと1点っ!」「あと2点…」

という僅差で不合格となってしまった方は、実は多いです。

そういったことがご自身の身に起こらないよう、万全な状態で本試験に臨むことをおすすめします。

第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

-生活支援技術科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題30】家族からの質問に対する応答

コミュニケーション技術 問題30・31の事例 Kさん(75歳、女性)は、小学校教諭を定年退職した後、しばらく趣味やボランティア活動を楽しんでいたが、認知症を発症し、介護老人福祉施設に入所した。見当識障 …

【問題84】症状の特徴を整理しよう!

認知症の理解 4大認知症を始めとする各特徴をそれぞれしっかりおさえておきましょう! 問題84 認知症の原因となる疾患と、特徴的な行動・心理症状(BPSD)の組合せとして、適切なものを1つ選びなさい。 …

【問題53】食中毒に関する出題

生活支援技術 家事援助の調理の場面では食中毒に十分注意を払う必要があります。 問題53 肉入りのカレーを常温で保存し、翌日、加熱調理したときの食中毒の原因菌として、最も注意しなければならないものを1つ …

【問題35】障害に関するマーク

生活支援技術 問題35 下記のマークが表しているものとして、正しいものを1つ選びなさい。 試験問題より引用 選択肢 1.肢体不自由のある人が運転する自動車 2.障害者が利用できる建物、施設 3.義肢や …

【問題56】寝室の環境整備のポイントは?

生活支援技術 安全な居住環境の整備は試験で頻出です! 問題56 杖歩行している高齢者の寝室の環境整備に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.足元灯を用意する。 2.ベッド …