まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

社会の理解科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題7】NPO法人

投稿日:2019年2月18日 更新日:

社会の理解

問題7

特定非営利活動法人(NPO法人)に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

選択肢

1.社会福祉法に基づいて法人格を取得した法人である。

2.収益を上げることは禁じられている。

3.社会教育の推進を図る活動を行うものが最も多い。

4.認定特定非営利活動法人は、税制上の優遇措置を受けることができる。

5.災害救援は対象外の活動である。

オリジナル解  byまぃせ

1.社会福祉法人のことなので、×です。

2.NPO法人の「非営利」という言葉から「収益を上げてはいけない」と思いがちですが、決してそうではないです。本来の目的であるNPO活動(本来の目的を達成するための事業)によって収益が出ても良い、つまりボランティアの要素だけで運営する必要はない、ということなので、×です。
但し、あくまでNPO活動が目的であり、利益追求を目的として活動してはいけません。

3.最も多いのは「保健、医療又は福祉の増進を図る活動」で、選択肢の内容はその次に多い活動になります。よって×です。
ちなみに、NPO法人の活動分野は全部で20項目あります。
その中で、自身が携わりたい分野があって、それを活動目的として事業を始めるのであればNPO法人で活動することが可能、という感じです。
環境保全活動や災害救援活動、国際協力活動なども項目の中に含まれています。

4.記述のとおりなので〇です。

5.選択肢3の解説で触れた通り活動対象内なので、×です。

というわけで、正答は選択肢4となります。

介護業務に直接的に関係ある内容ではないだけに、解釈がなかなか難しい問題のひとつといえます。また、日本は自然災害にも見舞われやすくなっていることからも、選択肢5のように“災害救援”についても絡めながら構成されている感じがします。

NPO法人と問題16の社会福祉法人については、それぞれの特徴等をおさえておきましょう。

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

※第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

-社会の理解科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題9】管理者の対応

社会の理解 問題9 Cさん(71歳、女性、要介護1)は、軽度の認知症がある。週1回通所介護(デイサービス)を利用している。娘が離婚して、常勤で就労するようになり、孫を連れてCさん宅へ転入した。孫が保育 …

第32回介護福祉士国家試験 スピード解説集②

問題5〜8までの解答予想とオリジナル解説です。 科目:社会の理解 出題数 12問(1問1点 計12点) 問題5  地域包括ケアシステムでの自助・互助・共助・公助に関する次の記述のうち,最も適切なものを …

【問題3】コミュニケーションにおける意図的な対応

人間関係とコミュニケーション 問題3 Bさん(90歳、男性)は介護老人福祉施設に入所することになった。一人暮らしが長かったBさんは、入所当日、人と会話することに戸惑っている様子で、自分から話そうとはし …

【問題79】認知症者を支援する施策とは?

認知症の理解 認知症サポーターの目印である「オレンジリング」です。このオレンジリングで繋がっていくような地域のあり方が望まれています。 問題79 認知症の人を支援する施策に関する次の記述のうち、適切な …

【問題68】短文事例問題の攻略法の裏技とは?

介護過程 カンファレンスに関する出題では、「介護福祉職として」という専門範囲内での選択がポイントです! 問題68 Kさん(82歳、女性)は、身寄りがなく自宅で一人暮らしをしている。週1回利用している通 …