まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

発達と老化の理解科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題76】変形性膝関節症の生活上の留意点とは?

投稿日:

発達と老化の理解

試験で出題されやすい
変形性膝関節症について
学んでみましょう。

問題76

Bさん(68歳、女性)は、3か月前から、自宅の階段を昇り降りするときに、両膝の痛みが強くなってきた。整形外科を受診したところ、変形性膝関節症と診断された。Bさんの身長は153cm、体重は75kgである。

 Bさんの日常生活の留意点として、最も適切なものを1つ選びなさい。

選択肢

1.歩行を控える。

2.正座で座る。

3.膝を冷やす。

4.体重を減らす。

5.杖は使わない。

オリジナル解説 by まぃせ

変形性膝関節症とは…

変形性膝関節症は、中年期以降の閉経した女性がなりやすい、代表的な変形性関節症のひとつです。主な症状としては、関節痛、O脚変形で、痛みを膝の内側に感じることが多いといわれています。

日常生活を送る上での留意点

では、選択肢を確認しながら、変形性膝関節症の日常生活上の留意点を確認していきましょう。

1.動かないと、筋力が低下したり、柔軟性が失われたりするので、歩行を控える必要はありません。適度な運動は大切です。但し、膝に負担がかかる運動には留意しましょう。

2.膝への負担がかかる正座は避けた方がよいです。

3.膝は冷やさないほうがよいです。逆に、温めることで筋肉がほぐれて痛みが和らぐケースもあります。

4.Bさんは身長153cmに対して体重75kgと肥満傾向にあります。肥満は膝に負担がかかるので、避ける必要がありますから、体重を減らすことを心掛けることが必要です。

5.膝の負荷を軽減させるために、杖を用いることもひとつの手段として有効です。

というわけで、正答は選択肢4となります。

変形性膝関節症では、膝に痛みを抱え、O脚変形した脚で歩行をします。歩行時にバランスを崩すことが懸念されるので、転倒を予防するということも大切な留意点として知っておきましょう。

また、関節への負荷軽減が必要な疾患に「関節リウマチ」があります。この、関節リウマチの日常生活上の留意点についてもおさえておくとよいでしょう。

第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

-発達と老化の理解科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題42】安楽な体位

生活支援技術 問題42 Bさん(84歳、男性)は、生活全般に介護を必要としている。ベッド上に仰臥位でいるBさんは、喘息があり、咳込みが続き呼吸が苦しくなり、「楽な姿勢にしてほしい」と訴えた。 介護福祉 …

【問題41】ベッドから車いすへの移乗

生活支援技術 問題41 選択肢1から5の順で、ベッドから車いすへ全介助で移乗するときの、利用者の動作と、介護福祉職の身体の使い方の組合せとして、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.上半身を起 …

【問題25】感染対策

介護の基本 問題25 介護老人福祉施設の感染対策に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.感染対策のための委員会を開催することは任意である。 2.手洗いは、消毒液に手を浸して行 …

【問題20 】ICF(国際生活機能分類)

介護の基本 問題20 Gさん(68歳、女性、要介護2)は、小学校の教員として定年まで働いた。Gさんは、3年前にアルツハイマー型認知症と診断された。夫は既に亡くなっており、長男(30歳)と一緒に暮らして …

【問題71】加齢によってどんな機能低下が生じるの?

発達と老化の理解 年を重ねることで様々な変化が現れます。その特徴を理解することが大切です。 問題71 加齢に伴う身体機能の変化として、適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.周辺視野が広くなる。 2 …