まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

社会の理解科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題12】介護保険制度の利用者負担

投稿日:2019年2月28日 更新日:

社会の理解

問題12

2018年(平成30年)に施行された介護保険制度の利用者負担に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

選択肢

1.施設の食費は、材料費等の実費を新たに全額自己負担することになった。

2.補足給付の支給要件から資産が除かれた。

3.居宅介護サービス計画費について自己負担が導入された。

4.施設の居住費は、新たに保険給付の対象外とされた。

5.一定以上の所得のある利用者に対して3割負担が導入された。

オリジナル解説  byまぃせ

1.2005年改正(施設給付の見直し)なので、×です。

2.2014年改正なので、×です。
2014年改正内容として正しくは「補足給付の支給要件から資産が追加された」です。補足給付とは、低所得である施設利用者の食費と居住費を補うものです。支給要件に資産を追加することで、補足給付の対象者を縮小するという改正内容になります。

3.現在は保険から給付されますから、こういった改正は行われてはいません。よって×です。
ちなみにこれは、「居宅介護サービス計画費」なので、居宅サービス利用者に対する給付となります。居宅介護サービス計画費には、要介護者対象の「居宅介護サービス計画費」と要支援者対象の「介護予防サービス計画費」があります。
※居宅介護サービス計画とは、ケアプランのことです。

4.選択肢1と同じく、2005年改正(施設給付の見直し)なので、×です。

5.記述の通りなので、〇です。

というわけで、正答は選択肢5となります。

選択肢3の居宅介護サービス計画費の自己負担については、「自己負担にすべきでは?」という議論が現在進行形で行われています。今後改正もあり得るといったところです。今後の改正内容要チェックです。

問題11,12と2問連続で続いた2018年施行(2017年改正)に関する問題。
介護保険制度の改正については必ず出題されますから、過去の改正も含めて内容をおさえておきましょう。そして、確実に得点できれば社会の理解科目を落とす事態は避けることができます。

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

※第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

-社会の理解科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題26】燃え尽き症候群

介護の基本 問題26 燃え尽き症候群(バーンアウト)の特徴として、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.首から肩、腕にかけて凝りや痛みが生じる。 2.人格・行動変化や失語がみられる。 3.無気 …

【問題51】腹圧性尿失禁の利用者への対応

生活支援技術 加齢や疾病などによる機能低下により、様々な排泄障害を引き起こします。排泄障害があっても、介護福祉職は介護の基本原則を踏まえながら、利用者の快適な排泄を支えることができるようにしていかなけ …

【問題70】エイジズムって何?

発達と老化の理解 「高齢者は●●だよね~」“高齢者”というだけでその印象をひと括りにしてしまっていませんか? 問題70 高齢者に対する次の見方のうち、エイジズムに該当するものを1つ選びなさい。 選択肢 …

【問題54】防虫剤の種類

生活支援技術 問題54 Dさん(84歳、女性、要介護3)は認知症があり、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用している。ある日、Dさんが、訪問介護員(ホームヘルパー)と一緒に衣装ケースを開けたところ、 …

【問題77】施設入所の認知症高齢者への対応とは?

認知症の理解 当たり前ですが、認知症高齢者に対しても「自立支援」「利用者主体」という介護の基本のもと、対応することが大切です。 問題77 介護老人保健施設に入所した認知症高齢者が、夜中に荷物を持って部 …