まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

生活支援技術科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題41】ベッドから車いすへの移乗

投稿日:

生活支援技術

問題41

選択肢1から5の順で、ベッドから車いすへ全介助で移乗するときの、利用者の動作と、介護福祉職の身体の使い方の組合せとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

選択肢

1.上半身を起こす ―――― 手首で持ち上げる

2.ベッドの端に座る ――― 踵を浮かせて、低くかがむ

3.立ち上がる ―――――― 前腕で真上に引き上げる

4.車いすに移る ――――― 重心を安定させて、車いすへ足先と身体を向ける

5.深く座り直す ――――― 座り直す方向に向けて、上下の重心移動をする

オリジナル解説 byまぃせ

選択肢の向かって左側が利用者の動作、右側が介護福祉職の身体の使い方となります。

1~5は、臥床状態の利用者を起こしてさしあげるところから車いすに座っていただくまでの手順が順番通りに示されています。

1.手首で持ち上げるのではなく、大きな筋群を使って動作をする必要があるので、×です。

2.介護福祉職自身の足底は床にしっかりと着床させ、支持基底面を確保し安定していなければならないので、×です。

3.互いの重心を近づけて、身体を密着させて動作する必要があります。また、立ち上がり動作時の重心移動(前傾姿勢になって立つ)を考慮して動作する必要があるので、×です。

4.記述のとおりなので、〇です。

5.重心移動を水平に実施する必要があるので、×です。

というわけで、正答は選択肢4となります。

この問題は、ボディメカニクスに関する出題でした。

ボディメカニクスを活用することで、大きな力を使わず、身体に負担をかけず、スムーズに動作することが可能となります。それは、利用者と介護福祉職が共に安全且つ安楽な状態で動作することができるということです。そのことから、介護福祉職の腰痛予防対策にも効果的です。

また、今回の問題では“全介助”となっていましたが、利用者自身が持つ残存機能を活用する=自立支援ためにも、ボディメカニクスの活用が大切であることも知っておきましょう。

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

※第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

-生活支援技術科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題17】高齢者の健康に関する意識調査結果

介護の基本 問題17 2012年度(平成24年度)「高齢者の健康に関する意識調査結果」(内閣府)の介護を受けたい場所に関する次の選択肢のうち、最も多かったものを1つ選びなさい。 選択肢 1.「子どもの …

【問題33】介護記録に用いる文体

コミュニケーション技術 問題33 叙述体を用いて介護記録を作成するときの留意点として、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.情報を項目別に整理する。 2.問題のポイントを明確にする。 3.介護 …

【問題12】介護保険制度の利用者負担

社会の理解 問題12 2018年(平成30年)に施行された介護保険制度の利用者負担に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。 選択肢 1.施設の食費は、材料費等の実費を新たに全額自己負担する …

【問題27】逆転移

コミュニケーション技術 問題27 利用者とのコミュニケーションにおいて逆転移が起きている事例に該当するものとして、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.自分が利用者を嫌いなのに、利用者が自分を …

【問題19】認知症者の生活を支えるための介護

介護の基本 問題19 茶道の師範だったFさん(87歳、女性、要介護3)は、70歳の時に夫を亡くし、それ以降は一人暮らしを続けていた。79歳の頃、定期的に実家を訪ねていた長男が、物忘れが目立つようになっ …