まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

生活支援技術科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題49】皮膚状態に留意した入浴介護

投稿日:

生活支援技術

入浴は、清潔保持だけが目的ではありません。入浴によって得られる爽快感から、安眠効果が期待出来たり、生活意欲の向上につながる可能性もあるのです。

問題49

皮膚の乾燥が強くなった高齢者の入浴介護に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

選択肢

1.アルカリ性の石鹸で洗う。

2.こすらないように洗う。

3.硫黄を含む入浴剤を使用する。

4.42℃以上のお湯で入浴する。

5.保湿剤は、皮膚が十分に乾いてから塗る。

オリジナル解説 by まぃせ

1.石鹸は、弱酸性のものが望ましいです。

2.記述のとおりです。

3.入浴剤を使用する場合は、保湿成分が入っているようなものを選ぶとよいでしょう。

選択肢にある「硫黄」は、逆に乾燥しやすい状態にしてしまうので、好ましくありません。

4.37~39℃程度のぬるめの湯が望ましいです。

熱めの湯では、皮膚の保湿機能の低下につながり、乾燥しやすい状態にしてしまうので、適切ではありません。これは、長湯も同様です。

5.入浴後の保湿剤の塗布は、皮膚の乾燥を防ぐのに効果的です。

塗布するタイミングとしては、皮膚が十分乾燥するのを待っていては遅いです。浴後、水分を拭き取った後、すぐに塗布することがのぞましいです。

というわけで、正答は選択肢2となります。

皮膚の乾燥によって、痒くなったり、掻きむしったり、といった皮膚トラブル(老人性皮膚掻痒症)につながっていくのはもちろんですが、痒くて不眠状態になってしまう、といった生活リズムにも支障をきたし兼ねません。

介護福祉職としての適切な対応ポイントについて、この問題を機に、おさえておきましょう。

その他、入浴対応についての過去の出題実績としては、

・糖尿病の利用者の皮膚観察

・人工肛門(ストーマ)を造設している利用者への入浴介助

・血液透析を受けている利用者の入浴の留意点

・入浴時のヒートショック

などが挙げられますので、内容を確認してみるとよいでしょう。

併せて、

・片麻痺のある利用者

・心疾患のある利用者

・酸素療養中の利用者

についても、基本的な内容となるので、そのポイントをおさえておきましょう。

第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

-生活支援技術科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題36】防火を意識した調理支援

生活支援技術 問題36 Aさん(38歳)は共同生活援助(グループホーム)に入居している。 料理が得意で、普段はエプロンを身に着けて揚げ物料理をガスコンロで作っている。 防火を意識した調理支援に関する次 …

【問題30】家族からの質問に対する応答

コミュニケーション技術 問題30・31の事例 Kさん(75歳、女性)は、小学校教諭を定年退職した後、しばらく趣味やボランティア活動を楽しんでいたが、認知症を発症し、介護老人福祉施設に入所した。見当識障 …

【問題19】認知症者の生活を支えるための介護

介護の基本 問題19 茶道の師範だったFさん(87歳、女性、要介護3)は、70歳の時に夫を亡くし、それ以降は一人暮らしを続けていた。79歳の頃、定期的に実家を訪ねていた長男が、物忘れが目立つようになっ …

【問題56】寝室の環境整備のポイントは?

生活支援技術 安全な居住環境の整備は試験で頻出です! 問題56 杖歩行している高齢者の寝室の環境整備に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.足元灯を用意する。 2.ベッド …

【問題34】報告の留意点

コミュニケーション技術 問題34 介護福祉職が行う報告の留意点として最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.報告するときは、自分の意見を最初に述べる。 2.予定より時間がかかる業務であっても、完 …