まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

生活支援技術科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題50】差し込み便器による排泄の介護

投稿日:

生活支援技術

排泄において、オムツに頼らない方法を検討・対応することは、介護福祉職として重要です。そのためにも、ポータブルトイレ・尿器・差し込み便器について理解をしておく必要があります。※イラストはポータブルトイレです。

問題50

ベッド上で腰上げが可能な高齢者への、差し込み便器による排泄介護の方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。

選択肢

1.使用前の便器は温めておく。

2.便器を差し込むときは両足を伸ばしてもらう。

3.男性の場合は、トイレットペーパーを陰茎の先端に当てておく。

4.便器の位置を確認したらベッドを水平にする。

5.排泄中はベッドサイドで待機する。

オリジナル解説 by まぃせ

1.記述のとおりです。

2.便器を差し込むときは、両膝を曲げてもらうとよいです。

「腰上げが可能な高齢者」という問題文でもあるので、自身で腰を上げていただくことで、自立支援にもつながります。

3.男性の場合は、尿器も用意をしておきます。

女性の対応では、尿が飛び散らないように、トイレットペーパーを陰部から便器内までかけておく必要があります。

4.腹圧がかかりやすいように、ベッドはギャッジアップし、上体を起こしておきます。

5.羞恥心に配慮をする必要があるので、ベッドサイドでの待機は適切ではありません。

というわけで、正答は選択肢1となります。

いかかでしたか。

問題を解きながら、差し込み便器の介助におけるポイントをおさえることができたかと思います。

排泄介助については、トイレやオムツだけでなく、ポータブルトイレや尿器の使用方法についても、確認をしておきましょう。

また、これまで対応したことがない場合は、テキストや動画などで確認をすると、より理解が深まるでしょう。

第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

-生活支援技術科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題49】皮膚状態に留意した入浴介護

生活支援技術 入浴は、清潔保持だけが目的ではありません。入浴によって得られる爽快感から、安眠効果が期待出来たり、生活意欲の向上につながる可能性もあるのです。 問題49 皮膚の乾燥が強くなった高齢者の入 …

【問題17】高齢者の健康に関する意識調査結果

介護の基本 問題17 2012年度(平成24年度)「高齢者の健康に関する意識調査結果」(内閣府)の介護を受けたい場所に関する次の選択肢のうち、最も多かったものを1つ選びなさい。 選択肢 1.「子どもの …

【問題79】認知症者を支援する施策とは?

認知症の理解 認知症サポーターの目印である「オレンジリング」です。このオレンジリングで繋がっていくような地域のあり方が望まれています。 問題79 認知症の人を支援する施策に関する次の記述のうち、適切な …

【問題36】防火を意識した調理支援

生活支援技術 問題36 Aさん(38歳)は共同生活援助(グループホーム)に入居している。 料理が得意で、普段はエプロンを身に着けて揚げ物料理をガスコンロで作っている。 防火を意識した調理支援に関する次 …

【問題14】障害者を支援する専門職の主たる業務

社会の理解 問題14 障害者を支援する専門職の主たる業務に関する記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.社会福祉士は、福祉関連法に定められた援護、措置の事務を行う。 2.精神保健福祉 …