まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

介護過程科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題62】情報収集の留意点とは?

投稿日:

介護過程

情報を収集する際には、情報源となる人たちを適切に判断していくことで、有益な情報を得られることにもつながっていきます。

問題62

利用者の情報収集における留意点として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.生活歴は、介護福祉職の主観的判断を優先する。

2.生活機能は、他職種からの情報も活用する。

3.発言内容は、介護福祉職の解釈を加える。

4.経済状況は、近隣住民の情報から推測する。

5.心身機能は、利用者への聞き取りによって判断する。

オリジナル解説 by まぃせ

まずは情報収集から始まっていく。

介護過程のプロセスの第一段階であるアセスメントでは、まず情報を収集することから始まります。

※テキストによっては、情報収集➡アセスメント…という順で掲載しているものもあります。

どんな介護計画を立案し、実施(援助)すべきか。分析し、生活課題を明確化させるためには、材料(情報)がなければ何も始まりませんよね。

これは、実際の介護の場面でも言えることなので、理解しやすいかと思います。

情報収集の留意点

では、情報収集を行う際の留意点を、各選択肢から確認していきましょう。

1.生活歴は、介護福祉職の主観的判断を優先するのではなく、その生活を送ってこられた利用者からの情報(利用者の主観的情報)を優先させることが適切です。

2.生活機能とは、ICFの構成要素で言うと「心身機能・身体構造」「活動」「参加」の3つを包括して捉えたものです。

介護の専門職である介護福祉職が収取した情報だけでなく、利用者にどのような能力があるのか(できる活動)や、心身機能の状態等、他職種からも専門的見地も活用し、多角的に収集していくことが求められます。

3.発言内容というのは、大切な利用者の主観的情報となります。そこに解釈を加えず、ありのまま収集する、ということが大切です。

4.経済状況に限らず、情報を収集する際には、利用者のプライバシー保護に十分配慮しながら、適切な情報ルートから情報を得る必要があります。正しい情報から介護福祉職としての判断を加えていかないと、利用者の実態と大きくズレることも懸念されるので、選択肢の内容は適切とはいえません。

5.利用者からの聞き取りによって得た主観的情報だけでなく、他職種の専門的見地も活用し、判断をしていくことが適切です。

というわけで、正答は選択肢2となります。

補足1. ICFの視点を活用した情報収集

ICFの視点を活用し、できないことだけでなく、できることや本来持っている能力等のプラスの情報にも目を向けることが大切です。

また、過去の出題実績では、ICFの構成要素の内容について具体的に問われる問題も出題されています(第29回 問題67)。

介護過程科目でICFについて出題がされることも多いので、介護の基本科目や障害の理解科目のICFと併せながら、確認をするとよいでしょう。

補足2. 情報の種類

情報には「主観的情報」と「客観的情報」の二つがあります。

・主観的情報…利用者の発言、考え方等

・客観的情報…観察や測定等によって得られた情報や、家族や他職種等から得られた情報等

過去の出題実績では、「主観的情報」ついて具体的に問われる問題も出題されました(第29回 問題64)。

それぞれがどのような内容を指すのか、テキスト等で確認することもよいですし、過去問を活用しながら実践的に覚えていくことも、理解しやすいかもしれません。

介護福祉職としてのスタンス

やみくもに情報を収集したり、個人的な興味や関心のある情報だけを収集するのではなく、利用者は生活の中で何に困っているのか?ケアプランで求められているサービスを実施する上で必要な情報は何か?等々、専門職として意図的な情報収集をすることを忘れてはいけません。

第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

-介護過程科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題35】障害に関するマーク

生活支援技術 問題35 下記のマークが表しているものとして、正しいものを1つ選びなさい。 試験問題より引用 選択肢 1.肢体不自由のある人が運転する自動車 2.障害者が利用できる建物、施設 3.義肢や …

【問題13】障害者総合支援法

社会の理解 問題13 2016年(平成28年)の「障害者総合支援法」の改正内容として、適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.放課後や休日に児童・生徒の活動を支援する放課後等デイサービスが創設された …

【問題77】施設入所の認知症高齢者への対応とは?

認知症の理解 当たり前ですが、認知症高齢者に対しても「自立支援」「利用者主体」という介護の基本のもと、対応することが大切です。 問題77 介護老人保健施設に入所した認知症高齢者が、夜中に荷物を持って部 …

【問題26】燃え尽き症候群

介護の基本 問題26 燃え尽き症候群(バーンアウト)の特徴として、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.首から肩、腕にかけて凝りや痛みが生じる。 2.人格・行動変化や失語がみられる。 3.無気 …

【問題43】関節リウマチの利用者に適した杖

生活支援技術 問題43 手首に変形や痛みがみられる関節リウマチの利用者が、歩行時に使用する杖として、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.前腕固定型杖(ロフストランドクラッチ) 2.前腕支持型 …