まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

介護過程科目 第31回介護福祉士国家試験 解答解説

【問題66,67】事例問題を攻略しよう!

投稿日:

介護過程

試験問題を通しで解いていく本試験。
ふと、長文の事例問題が出てくると、
それだけでも精神的な疲労になりかねません。

次の事例を読んで、問題66,問題67について答えなさい。

〔事例〕

 Jさん(71歳、男性)は20歳から造園業を営んでいた。2か月前に脚立から転落して、右大腿骨頸部骨折で入院した。骨折部位は順調に回復し、下肢機能訓練により杖歩行も可能であると診断せえている。しかし、訓練への参加は消極的であり、入院中は車いすで過ごしていた。退院後は自宅で過ごしたいという希望から、下肢筋力に対する機能訓練で5日前に介護老人保健施設に入所した。

 入所後のJさんは、日中のほとんどをベッド上でテレビを見て過ごしている。排泄に関する移乗を依頼する以外に職員に話しかけることはなく、食事をしていても他者との会話はみられない。Jさんの表情が穏やかなときに歩行訓練に参加を促すが、「ああ、うん…」と言うだけで訓練に参加していない。

 面会に来た妻によると、Jさんは、「施設で訓練しても歩けるようになるはずはない」と話していたということだった。また、妻は、「仕事が大好きで、仕事ができないことに相当落ち込んでいるようだ」と話した。

問題66

Jさんに対する長期目標の方向性として、最も適切なものを1つ選びなさい。

選択肢

1.病院で機能訓練をすること

2.施設での生活に慣れること

3.造園業に再び携わること

4.話し相手を見つけること

5.新しい趣味を見つけること

オリジナル解説 by まぃせ

長期目標とは、利用者が課題を解決した姿を表します。課題を解決した姿とは、自立した望む生活を送ることができている姿です。そのことを踏まえ、Jさんの事例の内容から、「Jさんが望んでいることは何か?」をキャッチすることで、長期目標の方向性となります。

この事例の中では、Jさん本人からの話(主観的情報、ですね)は少ないものの、妻がJさんの思い等を代弁している箇所が、事例後半にみられています。

「仕事が大好きで、仕事ができないことに相当落ち込んでいるようだ」

この話の内容から、Jさんの望みは「また仕事ができるようになりたい」ということかもしれません。また、Jさんの仕事については、事例前半で「造園業を営んでいた」と記載されています。

というわけで、正答は選択肢3となります。

問題67

在宅復帰を目指すJさんに対する短期目標を、「外出することができる(1週間)」とした。

 短期目標に基づく支援内容として、最も適切なものを1つ選びなさい。

選択肢

1.車いすで20~30分過ごしてもらう。

2.歩行器の使用を促す。

3.下肢を1日1回外転する。

4.トイレへの移乗訓練を行う。

5.骨折部位の回復を確認する。

オリジナル解説 by まぃせ

ここで考慮すべき点

・事例の内容

 下肢機能訓練により杖歩行も可能(ICF:「活動」の本来持っている能力・できる活動、ですね)。しかしながら、訓練への参加は消極的だった。老健に入所してからも、歩行訓練への参加を促すも、訓練に参加していない。また、日中はほとんどをベッド上で過ごしている状況。

・介護計画の短期目標に基づく支援内容だという認識。

 ここで問われているのは、介護福祉職としての支援である、ということ。

これらを考慮して、各選択肢を見てみると…

2.杖歩行の能力があるのに、なぜ、歩行器の使用を促すのか。

3.5.介護福祉職が支援する領域ではない。

4.トイレへの移乗能力も外出をするために必要であるが、現在、ひとまずは排泄時の移乗を依頼することはできている=トイレへの移乗を行っているので、他の選択肢と比較して、最も適切な内容かどうかを判断する必要がある。

そこで気になるのは「日中の過ごし方」です。

外出という短期目標で、しかも、それを1週間という期間で達成させるためには、「ベッドから離床する」ということをしていかなければならない。

※車いすで過ごしてもらうのか?等々、深く考えてしまうかもしれないですが、「ベッド上での生活が主になってしまっている、という状況を改善していくための離床」という点を優先的に考えて捉えていくとよいかもしれません。

というわけで、正答は選択肢1となります。

比較的長文の事例だったので、そのボリュームに圧倒されてしまうかもしれません。

事例を読みながら、ポイントとなる箇所をマークしていくと、問題を解く際に事例を振り返る手間も省けますし、問題に対して的確に事例を再確認できる可能性もあります。

限りある試験時間の中で、効率的に事例問題を解くことができるようにしていくことが大切です。

過去問を活用して、事例問題そのものに強くなることをおすすめします。

第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

-介護過程科目, 第31回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題83】認知症の薬について知ろう!

認知症の理解 認知症の人の生活を支援する介護福祉職は認知症の薬物療法についても知る必要があります。 問題83 抗認知症薬に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。 選択肢 1.貼付剤はない。 …

【問題15】苦情対応

社会の理解 問題15 Eさん(75歳)はU事業所の訪問介護(ホームヘルプサービス)とV事業所の通所介護(デイサービス)を利用している。Eさんは通所介護の職員の対応に不満があり、苦情を申し出たいがどうす …

【問題10】労働者災害補償保険制度

社会の理解 問題10 労働者災害補償保険制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。 選択肢 1.パートやアルバイトは、保険給付の対象である。 2.保険料は、雇用主と労働者がそれぞれ負担す …

第32回介護福祉士国家試験スピード解説集①

問題1〜4までの解答予想とオリジナル解説です。 科目:人間の尊厳と自立 出題数 2問(1問1点 計2点) ※介護の基本科目と合わせて1科目群 問題1  Aさん(79歳,女性,要介護3)は,訪問介護(ホ …

【問題41】ベッドから車いすへの移乗

生活支援技術 問題41 選択肢1から5の順で、ベッドから車いすへ全介助で移乗するときの、利用者の動作と、介護福祉職の身体の使い方の組合せとして、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.上半身を起 …