まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

第31回介護福祉士国家試験 解答解説 認知症の理解科目

【問題83】認知症の薬について知ろう!

投稿日:

認知症の理解

認知症の人の生活を支援する介護福祉職は
認知症の薬物療法についても
知る必要があります。

問題83

抗認知症薬に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

選択肢

1.貼付剤はない。

2.非薬物療法との併用はしない。

3.段階的に投与量を減量していく。

4.副作用として悪心や下痢が生じることがある。

5.ADL(日常生活動作)が改善することはない。

オリジナル解説 by まぃせ

1.貼付剤はあります。

※ポピュラーな貼付剤は、リバスタッチパッチやイクセロンパッチ。

2.抗認知症薬のみを用いるのではなく、回想法等の非薬物療法と併用することも、認知症の人の精神安定等に効果的です。

3.一般的には、少量からスタートして、薬の効果や副作用等の反応をみながら、段階的に増量していきます。

4.抗認知症薬では、このような胃腸障害が副作用として現れる傾向があります。

5.抗認知症薬を服用することで、ADL(日常生活動作)の改善が期待できる場合もあるので、「改善することはない」とは言い切れません。

というわけで、正答は選択肢4となります。

内服薬では、ドネペジル塩酸塩(製品名:アリセプト)や、メマンチン塩酸塩(製品名:メマリー)等があります。しかしながら、これらの抗認知症薬を服用したからといって、認知症が治るわけではありません。症状の進行具合を緩和させたり、周辺症状(行動・心理症状:BPSD)を改善するために薬物療法が用いられるのです。

薬物療法について、プラスワンでおさえよう!

最後に、第29回出題の問題83を紹介します。これで、薬物療法についての知識を更に深めましょう。

Q.アルツハイマー型認知症の薬物療法に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.病気の進行を完全に止めることができる。

2.軽度のアルツハイマー型認知症に対して有効ではない。

3.行動・心理症状(BPSD)に対して効果が認められていない。

4.病期によって投与量が変わることはない。

5.副作用として、パーキンソン症候群が現れることがある。

正答は、選択肢5です。

第20回介護福祉士国家試験(筆記&実技)合格

未来の介護福祉士サポーター まぃせ

-第31回介護福祉士国家試験, 解答解説, 認知症の理解科目
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題40】外出の計画・準備

生活支援技術 問題40 入居施設で生活する利用者が車いすを使用して外出するときに、介護福祉職が計画、準備することとして、最も優先すべきものを1つ選びなさい。 選択肢 1.長時間の外出を企画する。 2. …

【問題70】エイジズムって何?

発達と老化の理解 「高齢者は●●だよね~」“高齢者”というだけでその印象をひと括りにしてしまっていませんか? 問題70 高齢者に対する次の見方のうち、エイジズムに該当するものを1つ選びなさい。 選択肢 …

【問題4】筆談

人間関係とコミュニケーション 問題4 聴覚障害のある利用者と介護福祉職との間での筆談に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.中途失聴者が用いることは少ない。 2.空中に字 …

【問題38】身支度・整容の支援と使用する道具

生活支援技術科目 問題38 介護福祉職が行う身じたく・整容の支援と使用する道具の組合せとして、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.ベッド上での口腔ケア ――――― ガーグルベースン 2.浴室 …

【問題15】苦情対応

社会の理解 問題15 Eさん(75歳)はU事業所の訪問介護(ホームヘルプサービス)とV事業所の通所介護(デイサービス)を利用している。Eさんは通所介護の職員の対応に不満があり、苦情を申し出たいがどうす …