まぃともブログ

じぶんらしく生きるための足あと

介護福祉士国家試験 社会の理解科目 第32回介護福祉士国家試験 解答解説

第32回介護福祉士国家試験 スピード解説集②

投稿日:

問題5〜8までの解答予想とオリジナル解説です。

科目:社会の理解

出題数 12問(1問1点 計12点)

問題5

 地域包括ケアシステムでの自助・互助・共助・公助に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 自助は,公的扶助を利用して,自ら生活を維持することをいう。

2 互助は,社会保険のように制度化された相互扶助をいう。

3 共助は,社会保障制度に含まれない。

4 共助は,近隣住民同士の支え合いをいう。

5 公助は,自助・互助・共助では対応できない生活困窮等に対応する。

解答予想

選択肢5

オリジナル解説 by まぃせ

公助とは、公的機関による援助のことです。生活困窮者が健康で文化的な最低限度の生活を送れるように必要な保護を行う「生活保護」は、公助の中に含まれています。

問題6

 「働き方改革」の考え方に関する記述として,適切なものを1つ選びなさい。

1 長時間労働は日本社会の特質で,時間外労働の限度の設定は困難である。

2 有給休暇の取得よりも,働くことが優先される。

3 働く人々のニーズに応じた,多様な働き方を選択できる社会の実現を図る。

4 正規雇用労働者と非正規雇用労働者の待遇の格差が存在することは,当然である。

5 「働き方改革」は,中小企業は対象でない。

(注)ここでいう「働き方改革」とは,「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」に基づく諸施策の実施のことである。

解答予想

選択肢3

オリジナル解説 by まぃせ

選択肢3の記述の内容が、働き方改革で目指している内容です。

「働き方改革」は、この課題の解決のため、働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。

厚生労働省ホームページより引用
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322.html

問題7

 Bさん(80歳,女性,要介護1)は,身寄りがなく一人暮らしをしている。老齢基礎年金でくらしてきたが,貯金が少なくなり,生活が苦しくなってきた。このため2万円の家賃支払いも困難になり,通所介護事業所のC生活相談員に,費用がかかる通所介護(デイサービス)の利用をやめたいと言ってきた。

 C生活相談員の対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 介護支援専門員(ケアマネジャー)に,通所介護(デイサービス)の利用中止を依頼する。

2 介護支援専門員(ケアマネジャー)に,サービス担当者会議で利用中止の検討を依頼する。

3 福祉事務所に相談するように助言する。

4 これまでどおりの利用を説得する。

5 無料で利用できる地域の通所型サービスを探す。

解答予想

選択肢3

オリジナル解説 by まぃせ

消去法でいくと選択肢3が残る、ということになると思います。

福祉事務所とは…

福祉サービスに関する相談機関です。高齢者だけでなく、障害者や児童、母子、生活保護等の福祉に関する相談を受けることができます。

介護現場での実践

選択肢の通り、福祉事務所に相談するよう助言した場合、その旨を担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)にも、本人の状況と併せて報告することが大切だと言えます。

問題8

 2015年度(平成27年度)以降の社会保障の財政に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 後期高齢者医療制度の財源で最も割合が大きいものは,後期高齢者の保険料である。

2 社会保障給付費の財源では,税の占める割合が最も大きい。

3 生活保護費の財源内訳は,社会保険料と税である。

4 国の一般会計予算に占める社会保障関係費の割合は,30%を超えている。

5 社会保障給付費の給付額では,医療費の構成割合が最も大きい。

解答予想

選択肢4

オリジナル解説 by まぃせ

選択肢の記述のとおりです。

平成 27 年度(2015 年度)社会保障関係予算
― 社会保障に対する信頼と制度の持続可能性 ―より引用
https://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2015pdf/20150302089.pdf

解答予想とオリジナル解説は個人の見解であり、試験センターが発表する正答と異なる場合があります。

-介護福祉士国家試験, 社会の理解科目, 第32回介護福祉士国家試験, 解答解説
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【問題13】障害者総合支援法

社会の理解 問題13 2016年(平成28年)の「障害者総合支援法」の改正内容として、適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.放課後や休日に児童・生徒の活動を支援する放課後等デイサービスが創設された …

【問題56】寝室の環境整備のポイントは?

生活支援技術 安全な居住環境の整備は試験で頻出です! 問題56 杖歩行している高齢者の寝室の環境整備に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.足元灯を用意する。 2.ベッド …

【問題24】安全確保

介護の基本 問題24 施設の介護における安全の確保に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.職員に対して安全に関する研修を定期的に行う。 2.施設管理者の安全を第一に考える …

【問題80】加齢による物忘れvs認知症による物忘れ

認知症の理解 その物忘れは加齢によるもの?それとも認知症によるもの? 問題80 加齢による物忘れと比べたときの、認知症による物忘れの特徴として、最も適切なものを1つ選びなさい。 選択肢 1.見当識障害 …

【問題83】認知症の薬について知ろう!

認知症の理解 認知症の人の生活を支援する介護福祉職は認知症の薬物療法についても知る必要があります。 問題83 抗認知症薬に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。 選択肢 1.貼付剤はない。 …